電子・電気科 ブログ(電子工学 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 2年制 テクノロジー技術者をめざす人のための就職・資格・業界情報ブログ 電子・電気科(電子系)blog

オープンキャンパス・体験入学

電子・電気科(電子系)blog

2021年11月04日 スマートハウスの体験実習(1回目)

10月からSTL(Smart Technology Labo)を使用して、スマートハウスの体験実習を行っています。

STL(Smart Technology Labo)は一昨年9月に完成したスマートハウスの実習設備で、家庭の電気の状況を把握したり、スマートフォンや音声(AIスピーカー)で家電機器を操作したり、スマートフォンで家電機器の状態を確認するといった、スマートハウスの機能を実際に操作しながら体験することができます。

実習は2回に分けて行い、1回目は授業や特別講義で学んだHEMS(ホーム エネルギー マネジメント システム)を実習を通して体験します。

●スマートハウスの解説をするM先生
図3









図4










●実習に先立ち「スマートハウス特別講義」も開催しています。
 (下記リンク↓↓↓参照)
 スマートハウス特別講義(第1回)



★電子・電気科の「OC+体験入学」は
       をクリック!
cover_01





(蒲田 MC)

n-41175501 at 9:46 | この記事のURL | |

2021年10月30日 電気って難しい!?

これまで学校で習ってきた、オームの法則や、抵抗の直列、並列接続・・・の計算をしなさい、
という問題をやっていると、「ちょっと難しくてムリかも・・」と思う(思った)ことがあるかもしれません。

けれども、電気の世界って、試験に出るような、回路の計算だけではないんです。

回路計算は苦手だったけど、なんか実験は面白いな・・とか、
難しい電気の理論はわからないけど、ドローンを飛ばすのは面白いな・・とか、

この様に、電気の世界には、いろんな入口があるのです。

先ずは興味のある処から入って、後から、その原理を電気理論で学ぶ・・というやり方でも
ぜ〜んぜん、問題はありません。
E_ways
(蒲田 KM)

 

n-41175501 at 16:44 | この記事のURL | |

2021年10月29日 簡易スペクトラムアナライザ

最近、無線界で紹介されている測定器を使ってみました。
今回は、スペクトラムアナライザ 送信機などが出力する周波数成分を
表示してくれます。

地上波デジタル放送を受信し、性能を確認してみました。
八王子では強力なMXテレビの信号と微弱なTVKの信号がどのように
観測されるか確認しました。

参考にデジタル放送シグナルアナライザーを使いました。(写真 背景)
以前、安価なテレビ受信調整用の測定器で観測したところ、強い電波に完全につぶされ
弱い電波は全く観測できませんでした。
今回の簡易スペクトラムアナライザでは多少の影響がみられますが、価格を考えると
素晴らしい特性だと思います。
小型で充電式のため実験室の外でも使えます。
新しい実験課題も作れそうですね。
八王子 電子


DSC_0077DSC_0074

n-41175501 at 12:35 | この記事のURL | |

2021年10月28日 オーディオアンプのケース実装

1年生の電子工作実習2の3回目です。

今回は製作したオーディオアンプ、電源切り替え回路、スピーカをケースに納める作業です。

 オーディオアンプとスピーカの結線作業

スピーカの配線接続









各基板に端末処理した配線を接続していきます。
オーディオアンプと電源切り替え回路はスペーサを使ってスタックしました。

   両面テープによるスピーカの固定

スピーカの固定(1)








スピーカの固定(2)








スピーカを間隔に注意しながら固定します。

 使わないときはカバーを被せて保管できます

完成品









入力ジャックにBluetoothユニットを接続し、いよいよ初試聴です。
Bluetoothのデバイス名が同じということもあり、突然思わぬ選曲が自分のスピーカから流れ出る場面も…。
小さいながらも、十分な音量です

次回は周波数特性の測定です。

(蒲田 HM)

n-41175501 at 17:0 | この記事のURL | |

2021年10月28日 2年 前期 学生作品

電子回路製作実習では オーディオ帯正弦波発振回路 を製作しています。

仕様の決定から回路設計、部品の調達、基板設計、基板加工、部品組み込み
特性検査、納品検査など実際の仕事に近い内容です。

数ある発振回路の中から正弦波が出力でき、音声周波(低周波)でも
製作可能(部品の大きさなど)で、周波数が10倍以上可変できる発振回路を
検討します。 ウイーンブリッジ発振回路にたどり着くのですが・・・。

今年の秀作をご紹介します。

DSC_0070DSC_0069










八王子 電子

n-41175501 at 12:18 | この記事のURL | |