電子・電気科 ブログ(電子工学 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 2年制 テクノロジー技術者をめざす人のための就職・資格・業界情報ブログ 電子・電気科(電子系)blog

オープンキャンパス・体験入学

電子・電気科(電子系)blog

2006年08月06日 業界で活躍する先輩 大集合!

オープンキャンパス+体験入学 OB、OG大集合!
8月20日(日)は業界で活躍する先輩が大集合します。

八王子キャンパス、電子・電気・CAD科 電子工学専攻では
新日本電子(株)にお勤めの小野寺さんが来校します。
携帯電話の修理、メンテナンスや基地局のシステム構築
などの仕事を行っています。

当日は携帯電話業界や学生時代の体験談などを中心に
話を聞くことができます。
是非、ご参加ください。
日々進化する携帯電話の未来を感じることができるかも知れません。

(担当: 古山)

n-41175501 at 16:31 | コメント(0) | この記事のURL | |

2006年08月05日 オープンキャンパス+体験入学 の情報

82592d71.jpg

本日もオープンキャンパス+体験入学を開催しています。

以前にも紹介させていただきましたが、今日も含めて今後の開催日程は8月5日(土)6日(日)18日(金)、19日(土)20日(日)25日(金)、26日(土)27日(日)です。
進路選択のためには実際に学校を見学し、体験することがとても重要です。申込は不要ですので、お気軽にキャンパスを訪れてください(時間などの詳細情報はリンク先のページをご確認ください)。近県の方には無料送迎バスも運行していますので、こちらを利用されると便利ですよ。

そして、20日(日)には「OB・OG大集合!」26日(土)には「人気講師大集合!」というスペシャル企画も開催いたします。もちろん、電子・電気・CAD科の電子工学専攻でも、スペシャルな企画を準備いたしております。
そこで、今回は26日に蒲田キャンパスでスペシャルトークを担当する秋野先生について、ちょっとだけ紹介させていただきます。

080502080503

 

 

 

 

とにかく“ものづくり&修理の達人“なのです。なにしろ、自分で大きなパラボラアンテナを造って、ロシアや東南アジアの衛星放送を受信してしまいます。パソコンのケースだって市販のものでは絶対に満足せずに、改造してしまいます。実験室でも「こんなものがあれば良いなぁ」というものを、材料を調達してどんどん自作してしまいます。テレビだってビデオだって、ミニコンポだって壊れていたら修理してしまいます。他にも武勇伝は数知れずです。
もちろん、理解しやすい教授法は定評がありますし、先生としてもベテラン中のベテランですので、お父さん(お爺さん?・・・ 失礼)のように頼りがいも十分にあります。怒らせるとかなり恐いけど、ふだんはとっても優しい先生です。
そんな秋野先生が、ものづくりやエレクトロニクスの魅力、就職や資格取得について熱く・楽しく・優しく&丁寧に語ってくれます。

ちなみに右側の画像は、バラバラに分解された空気清浄機です。秋野先生は分解も大好きです。もちろん完全に元に戻すことができるから、分解しているのです。
こうやって市販されている実物を分解して見せてもらえると、写真などで見るのに比べて何倍も原理を理解し易いですよね。

by Nakajima 

n-41175501 at 12:4 | コメント(0) | この記事のURL | |

2006年08月02日 RAMSA WS−A200

オヤシラズ(歯です)を抜いて、超痛いことになっているNakajimaです。 右側のホッペが、まるで大きなアメ玉を入れているかのように腫れてしまいました。骨までゴリゴリ削られて、傷口は黒い糸で縫われています。 しかし、こんなことに負けていないで、今回も旧ブログからオーディオ機器の情報を転載させていただきます。

(以下の青字が転載部分です)

オーディオ機器のお話。 今回はRAMSA WS−A200です。

000015RAMSAは松下電器のプロフェッショナル・オーディオ部門のブランド名で、WS−A200はコンパクト・ハイパワー・スピーカーという部類に入れられているようです。
ウーハーは直径30cm。ツイーターはTB(ツイン・ベッセル)ホーンスピーカーという名称のものが使用されています。このツイーターは音の拡散角度が60度×40度と、縦横対象では無いため、使用目的に応じて90度角度を付け変えられるようになっています。
特に専用イコライザーを使用する必要もなく、音質的には比較的フラットです。
 
 
000014実感として、WS−A200は本当に使用しやすいスピーカーです。
キャビネットは非常に堅牢なプラスチック製で、かなり乱暴な取扱をしても大丈夫ですし、形状も直方体なので搬入・搬出時も非常に納まりが良いです。画像は底部の状況ですが、取っ手も丈夫で持ち運びも便利です。
取っ手の両端に丸いネジ穴が確認できると思いますが、ここにパーツを固定して、スタンドに立てて使用したり、天井・壁から吊り下げて使用することもできます。
 
by Nakajima 

n-41175501 at 15:20 | コメント(0) | この記事のURL | |

2006年07月28日 RoR E3 Audio Research Inc.

それでは、旧ブログからの転載シリーズです。今回もスピーカーに関する情報です(いつものように、青地部分が転載したものです)。

000013オーディオ機器の説明 スピーカの第5弾はRoR E3(実際は「E」の3乗のように3が上付)です。
ミクサーのすぐ前に設置してあります(画像の黄色い矢印が示している四角い物体です)。
 
 
 
 
 
000012スピーカーユニットは直径10cmのフルレンジです。このサイズですから、「低域から高域まで伸び伸びと再生」というわけには絶対にいきませんが、見かけよりは良い音質です(再生する音楽によっては、ビックリするほど良い音質の場合もあります)。
もともとこのスピーカーは、ミクシングした音楽などをテレビやミニコンポなどの小さなスピーカーで再生したときに、どんな音で再生されるかチェックするためのものです。

000011このスピーカー、実はメーカー情報が謎なのです。スピーカーの背面を見ると、メーカー名はAudio Research Inc.と明記されています。インターネットで調べてみるとアメリカのミネソタ州プリマスというところにあるメーカーのようですが、スピーカーは販売していないようなのです。
このスピーカーを購入した今から10年以上前にはスピーカーを扱っていたのか、それとも別のメーカーなのか・・・・ 今のところ謎のままなのです。誰かこの謎を解いて (コメント受入しています) 

 

by Nakajima 

n-41175501 at 15:3 | コメント(0) | この記事のURL | |

2006年07月28日 クレーン 玉掛け技能講習会

b221a36f.jpg

オープンキャンパス+体験入学が開催されている本日も、在学生を対象とした技能講習会がキャンパス内で開催されています。

画像をご覧いただければ一目瞭然かと思いますが、本日開催されているのは玉掛け技能講習会です。吊り上げる荷物の大きさ・重量・重さのバランスから、どの位置にワイヤーを掛ければ良いのか、クレーンのアームはどのぐらいまで延ばしたり・傾けたりして良いのか、というワザを“玉掛け技能”というのだそうで、このワザを習得していなければ、クレーンの操作を知っていても仕事はできないのだぞそうです。

技能講習といえども、本物のクレーンを使用して重たい荷物を吊り上げる実技をするわけですから、ちょっとした間違いが事故に繋がってしまいます。ですから、みんなすご〜く真剣な顔で説明を聞いていました。

by Nakajima 

n-41175501 at 14:48 | コメント(0) | この記事のURL | |