電子・電気科 ブログ(電子工学 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 2年制 テクノロジー技術者をめざす人のための就職・資格・業界情報ブログ 電子・電気科(電子系)blog

オープンキャンパス・体験入学

電子・電気科(電子系)blog

2006年10月30日 コンプリメンタリーSEPP回路

SEPP回路1

エレクトロニクス応用実験2

今回のテーマは電力増幅回路「コンプリメンタリーSEPP回路」です。

 

概要の説明の後は、ブレッドボード上に回路を組みます。(写真1)

 

 

 

 

オシロスコープ波形

回路が正常に動作するか、オシロスコープで波形を確認します。(写真2)クロスオーバー歪(スイッチング歪)がある場合は、この段階で適切なバイアスを加え調整します。

調整を済ませ正常に動作が確認できた後に、増幅度の測定、出力電力の測定、周波数特性の測定を行いレポートにまとめます。

 

 

 

動作確認

最後に担当者が低周波発振器より1[kHz]の正弦波を加え、スピーカーから音を聞いて回路が正常に動作しているかを確認して実験は終了になります。(写真3)

 

 

 

 

 

実験は試行錯誤の連続ですが、回路が動作しないときは必ず原因があります。原因が見つからずイライラすることもありますが、根気強く取り組んでください。根気強さは一人前の回路技術者になるためには必要なことなのですから。

(担当:川村)

 

 

 

 

 

 

n-41175501 at 20:10 | コメント(0) | この記事のURL | |

2006年10月20日 スクールインターンシップ

模擬体験授業として、静岡県の高校から8名の生徒が電子工作実習「金属探知機」の製作を実施しました。半田付けや配線など慣れないこともあり時間がオーバーしてしまいましたが、物を作る楽しさ、動いた時の感動、皆さん満足していただけたようです。将来の進路・職種選びの参考のお役に立てたのであれば幸いです。(担当:川村)

n-41175501 at 17:22 | コメント(0) | この記事のURL | |

2006年10月18日 負帰還増幅回路の実験

応用実験(負帰還回路)写真は2年次のエレクトロニクス実験での実習風景です。

今回のテーマは「並列帰還直列注入方式の負帰還増幅回路」です。実習では、概要の説明から始まり、シュミレーションソフトを使用しての回路検証、実際にブレッドボードを用いての回路製作、データの測定(増幅度の測定、周波数特性)までを行います。回路も複雑になり悪戦苦闘の連続ですが、一人一台の実習環境のもとしっかりと実力を付けてください。(担当:川村)

n-41175501 at 18:58 | コメント(0) | この記事のURL | |

2006年10月11日 紅華祭

tec_in

2006_fuji_yuki

den_LED

紅華祭(学園祭)も無事に終わりました。
当日の写真です。
電子・電気・CAD科の属するテクノロジーカレッジでは
ものづくりの体験コーナを実施しました。
当日は富士山の頂上に雪(初冠雪)を見ることも出来ました。
電子工学専攻ではフルカラーLEDを使ったLEDアクセサリを製作コーナを実演しました。
小さな子供から大人までものづくりのおもしろさを理解してくれたかと思います。

参加して頂いた皆さん。ありがとうございます。
(担当:古山)

n-41175501 at 13:42 | コメント(0) | この記事のURL | |

2006年10月05日 CEATEC 見てきました V2

0149a7cb.jpg様々な新製品を展示していたCEATEC。
印象に残った戦利品をご紹介します。
最近、バック特に布製のトートバックを配布している企業が
多くみられます。
今回は、このおなじみのキャラクターをあしらったバックを
もらうことができました。

戦利品以外に、フルハイビジョン対応ディスプレイが本当に
スゴイ勢いで製品化されています。
また、懐かしい、スピーカブランドも復活。
今後も、オーディオ・ビデオ、携帯電話など
エレクトロニクス。電子工学の環境は、ますます充実していきそうです。
自転車に乗るロボットを今年も見ることができなかったのは残念。
(担当:古山)

n-41175501 at 10:20 | コメント(0) | この記事のURL | |