電子・電気科 ブログ(電子工学 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 2年制 テクノロジー技術者をめざす人のための就職・資格・業界情報ブログ 電子・電気科(電子系)blog

オープンキャンパス・体験入学

電子・電気科(電子系)blog

2020年08月29日 コンデンサマイク回路と音声波形の観察

午前中にデジタルオシロスコープの取り扱いを学んで、午後からはコンデンサマイク回路の製作。

IMG_0669

完成したコンデンサマイク回路に向かって、「あ〜、い〜、う〜」。

覚えたてのオシロスコープで音声波形の観察を行いました。

IMG_0674

蒲田校
横山

n-41175501 at 17:38 | この記事のURL | |

2020年08月29日 デジタルオシロスコープ

1年生のテクノロジー実習で、初めての測定器の取り扱い。
CR発振器とオシロスコープをモニター画面を参考にとにかく動かしてみる!
デジタルオシロスコープは、昔のアナログオシロスコープに比べると「Autoset」ボタンがあるので楽チンです。
最初にプローブ校正用の信号を確認して•••。

IMG_0667

一通り、取り扱いに慣れてきたら、さっそく課題演習。
「CR発振器から、周波数1MHz、実効値1Vの正弦波信号を出力し、オシロスコープで観察しなさい。」

IMG_0676

蒲田校
横山

n-41175501 at 12:26 | この記事のURL | |

2020年08月22日 電子工作実習_1局選択ゲルマニウムラジオ

アンプの応用回路として、ゲルマニウムラジオを作ります。
写真はゲルマニウムダイオード1N60。

IMG_0591
点接触型のゲルマニウムダイオードなんて、現在ではレアモノ。
新しく購入した1N60もリードがサビサビ。よっぽど在庫管理が悪いのか、売れ残りなの•••?。
こんな実習がなければ、ほとんど日の目を見ないゲルマニウムダイオード。

バーアンテナもバリコンも無いので、同調回路は、マイクロインダクターとセラミックコンデンサで構成。
放送アンテナが蒲田に近い「ラジオ日本(1422kHz)」だけを受信する1局選択ラジオです。

IMG_0588

ブレッドボード上のゲルマニウムラジオ。
IMG_0589

アンテナ用の接地線は、ミノムシクリップで摘んで机の上のモニターのUSB端子に突っ込んで!(無茶してます)。
こんなヘボラジオでもスピーカーから音楽が流れるとちょっと嬉しい!

蒲田校
横山

n-41175501 at 11:17 | この記事のURL | |

2020年08月21日 電子工作実習_アンプ回路の実習

今日の電子工作実習は、オーディオアンプNJM386を使用した工作実習。
前回、製作したセイコーNPC社のメロディIC回路を接続して、アンプ回路の動作チェックを行います。

IMG_0571

IMG_0584

回路図を見ながら、ブレッドボード上に回路を作成します。
乾電池3本とダイソーの100円スピーカーを接続して•••?。
🎶 ミッキーマウスマーチ ♬
🎶 エレクトリカルパレード ♬
音楽が流れるとホッとしますよね。
回路OK!

蒲田校
横山

n-41175501 at 14:41 | この記事のURL | |

2020年08月03日 非接触体温計の修理

学校で使用している体温計を雨に濡らしてしまい、壊した!
そうです、ダメもとで分解し色々確認をしました。
構造的にデリケートなICを使っていなさそうです。
多少、雨水でショートしても壊れないであろう。
昔、恩師が話していたことを思い出しました。
  「デジタルICはショートさせても壊れない」
基板を眺めると雨水による腐食でラウンド(端子)
の色が変色している部分があります。
スルーホール(基板の表と裏を接続する配線)が腐食し、開放状態になっていないか?
テスターで確認を進めました。
すると2か所本来接続されていなければいけない部分が切れていました。
とりあえず、ジャンパー線を配線しました。
みごと、復活しました。また、ジャンパー線を固定し作業完了!。
体温計は現場復帰していきました。
八王子
DSC_1190DSC_1188

n-41175501 at 17:18 | この記事のURL | |