電子・電気科 ブログ(電子工学 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 2年制 テクノロジー技術者をめざす人のための就職・資格・業界情報ブログ 電子・電気科(電子系)blog

オープンキャンパス・体験入学

電子・電気科(電子系)blog

2017年11月23日 1年生のステレオアンプ製作

配線が長過ぎたり短かったりで、なかなか難しい実装技術。
苦労の多いステレオアンプ製作もそろそろ終盤に差し掛かりました。次回の工作実習で完成できそうですね。
image

蒲田校
横山

n-41175501 at 20:26 | この記事のURL | |

2017年11月22日 波動スピーカー 試作2号機

和久田君と中島君が波動スピーカーの試作2号機を作りました。ポテトチップの空容器をエンクロージャーに使用した1号機に比べるとだいぶ進化しました。
スピーカーユニットは、秋月電子通商の8Ω10Wフルレンジスピーカー150円特価品。
エンクロージャーもダクトも学校の倉庫に転がっていた塩ビパイプ。
材木もスピーカー端子も実験室に転がっていたものを借用して•••。
image

塩ビパイプのエンクロージャーに木目シート(実験室に転がっていた余り物)を貼り付けると、それなりにいい感じです。
内部もそれなりに作り込んでいます。
image

制作費、スピーカー2個の代金締めて300円?。
メーカー品は10万円くらいするので、300円波動スピーカーは上出来。
もともと、3Dホログラムディスプレイの付属品として製作しているスピーカーなので、音が柔らかく広がる波動スピーカーは、3Dホログラフィーの音響装置として、なかなか良いチョイスだと思います。

蒲田校
横山

n-41175501 at 22:27 | この記事のURL | |

2017年11月21日 フィディリティムサウンド衙問

先週 11月14日(火)に、卒業製作でスピーカーシステムを作る学生が、講師の林先生と、フィディリティムサウンド株式会社を訪問しました。この会社は「マークオーディオ」ブランドのスピーカーの販売代理店です。

現地では、スピーカーについての講義をしていただき、さらに卒業製作用に多数のスピーカーユニットなども御提供いただきました。

学生たちは、作品の「音」で恩返しをすると言っており、モチベーションを高める良い機会となりました。


中島社長・林先生・学生で記念写真。
集合









定評のある「マークオーディオ」のスピーカーユニットなどを御提供いただきました。
図10
TW4Metal
(ツイーター)


CHR70v3Silver
(フルレンジ)



図11
TW4Silk
(ツイーター)


Alpair10P
(フルレンジ)



図12


CHP70v2Natural
(フルレンジ)





図13


Sota11
(フルレンジ)





図14


可変バスレフポート






今後、どんなスピーカーシステムに仕上がっていくか楽しみです。

(蒲田MC)

n-41175501 at 19:15 | この記事のURL | |

2017年11月15日 22.2chサラウンド

会場のTAMURAブースで22.2chサラウンドを体験。前後左右上下に配置された22個の小型スピーカーと2つのサブウーファ。
デモ空間が少し狭いですが、飛行機の音、祭りばやしの音など、それなりに立体音場を楽しむことができました。
image

image

でも、狭いお家に24個のスピーカー配線は大変だなー。ところで、22.2ch用AVアンプってどうなってんですかね•••⁉︎。

蒲田校
横山

n-41175501 at 15:29 | この記事のURL | |

2017年11月15日 3Dホログラムディスプレイ

和久田君と中島君が卒業製作として検討中の3Dホログラムディスプレイ。Inter BEE会場で展示デモを行っていました。
真中に置かれた円筒水槽と水と小石は本物。
中のクラゲが上部ディスプレイから投影されたCGです。
image

蒲田校
横山

n-41175501 at 14:51 | この記事のURL | |