電子・電気科 ブログ(電子工学 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 2年制 テクノロジー技術者をめざす人のための就職・資格・業界情報ブログ 電子・電気科(電子系)blog

オープンキャンパス・体験入学

電子・電気科(電子系)blog

2021年08月10日 Arduinoマイコン活用塾 〜IoT編〜

本日、高校教員対象の講習会「手軽Arduinoマイコン活用塾 〜IoT編〜」を開催しました。この講習会は、今年で6回目の開催となります。

図3









今回はESP32(通信機能搭載Arduino)、ディスプレイ、バッテリー等を搭載した「M5 Stack」を使用し、下記内容について講義を行いました。


<Wi-Fi接続>
Wi-Fi接続して、温度・湿度・気圧データをIoTクラウドサービスを使ってグラフ化してみました。電子工学コースの2年生も、授業で同様のIoT実習を行っています。
図4











<Sigfox>
SigfoxはLPWA(Low Power Wide Area)という低消費電力・長距離通信が可能な通信技術です。日本では京セラコミュニケーションシステム株式会社(KCCS)が展開しており、KCCSには電子工学コースから多くの学生が就職しています。
図5










<デジタルサイネージ>
時刻、天気、Yahooニュースを「M5 Stack」に表示させてみました。デジタルサイネージは数年前の卒業生も卒業製作で製作しています。
図6










●2019年 卒業製作(デジタルサイネージ)はここをクリック



短時間のため駆け足の講義になりましたが、概要は理解いただけたと思います。お集まりいただきました高校教員の皆さん、お疲れさまでした。


(蒲田校 MC)

n-41175501 at 17:18 | この記事のURL | |

2021年07月19日 コンデンサマイクの原理と実験(1年生)

「1局選択ラジオの製作」に続いて、386アンプを使用した「コンデンサマイクの原理と実験」を行いました。
コンデンサの電極間距離が音声振動で変化して、その結果、電極電圧が変化するというのは、電子工学的になかなか面白いですよね!
外付け抵抗1本で音声信号電圧を取り出せるのでコンデンサマイク回路は、とっても楽チンです。
IMG_3941

コンデンサマイクに向かって、「あ〜、い〜、う〜」。音声信号電圧(386アンプの出力)をオシロスコープで観測します。
IMG_3943

蒲田校
横山

n-41175501 at 18:29 | この記事のURL | |

2021年07月19日 1局選択ラジオ(1年生)

1年生の電子工作実習。
386アンプの応用としてゲルマニウムダイオードを使った1局選択ラジオを作りました。
IMG_3912

同調回路は、マイクロインダクタとセラミックコンデンサを使用。
バーアンテナもバリコンも使わないので、1局だけのAM受信ラジオです。検波回路はゲルマニウムダイオード。
IMG_3913

アンテナのGNDは、実験機材の安定化電源をコンセントに差し込んで、電源のGND端子を利用します。音は悪いけど取り敢えず、スピーカーからラジオ放送が流れます。
同調回路の仕組み、ゲルマニウムダイオード検波の原理、理解できたかな?

蒲田校
横山

n-41175501 at 12:31 | この記事のURL | |

2021年07月19日 体験入学スペシャルメニュ(予定)

以前から課題にあったBluetooth接続のオーディオアンプが
バージョンアップします。(期間限定)
機械設計科とコラボをしました。
筐体部(ケース)は機械設計科の体験入学に参加すると
自分でデザインした筐体を3Dプリンタで出力できます。

部品点数が多いので、はんだ付け初心者にはチョット大変かも
でも、在校生がフォローしてくれるので大丈夫です。

現在、最終調整段階です。 もうしばらくお待ちください。
八王子
DSC_0013

n-41175501 at 8:43 | この記事のURL | |

2021年07月16日 2時間で作るロボット(2年生)

2年生のマイクロコンピュータIoT実習。
今日が夏休み前の最後の実習。
前回、組み立てたリモコン・インセクトを改造して、ESP32を搭載します。
リモコン部分を切断してから、卓上ボール盤でボディにスペーサー用の穴開け。
IMG_3854

ボディの上にプラスチック板をネジ留め。
マイコン用の電池とモーター用の電池を載せます。
IMG_3855

プラスチック板の上にESP32モジュールを載せ、お手軽ゴキブリロボットの完成です。
IMG_3870

ロボットを前進・後退させるテストプログラムで動作確認。今日の予定は動作確認まで。

2時間〜3時間で全員完成のはずが••••••??
「エッ! 完成してない? まだハンダ付けしてるって?」
完成してない人は夏休みの宿題かな?
9月になったら、ロボットの応用プログラムを作成して、レースを行う予定です。

蒲田校
横山

n-41175501 at 15:41 | この記事のURL | |